新橋中国語学院 メール xiaoxi@shinbashi-chinese.com

佐々木静子先生の中国語初心者のギモンに答えます
問い中国語には声母と韻母と声調そしてピン音などという発音の用語がありますが、日本語に当てはめるとどういうことでしょうか?

答え声母は子音、韻母は母音と思って下さい。ピン音とは発音符号のことで、アルファベット25文字を使って、中国語の発音を表記します。外国人学習者にとってはとても便利な表記法で、1枚の表になっていて、中国語の発音をマスターするには欠かせないものです。声調とは日本語の単語やことばに付けるものとは違い、1音節(1個の漢字)にそれぞれ付いていて、日本語のアクセントとは違うものです。

問い母音が多いというのは分かりましたが、いくつあるのですか?

答え母音の数は全部で約39個あります。
その39個の基礎となっている単母音は日本語の5個より少し多い8個と覚えておいてください。その中で2個は特別な母音なので、最近の教科書では6個のみを重点的に挙げていることが多く、練習も6個しかしていない方が多いようですね。

問い単母音が6+2個ということは、残りの30個は二重母音ということですか?

答えそうですね、二重、三重、それに加えて2種類の鼻音など盛りだくさんです! でも、規則に沿って学習していけば中国語の発音は難しいものではありません。まずは中国語の発音の規則を知ること。あとは練習あるのみです!

問いCDなどの教材を使って独学で中国語の勉強を始めたのですが、発音が思ったようにできずに足踏み状態です。どのように学習したらうまく発音をすることができますか?

答え日本語ではどうしても表現できない音がありますから、独学で発音を学ぶのは難しいかも知れません。
母音の数が多いのも特徴ですが、発音にも規則がありますからそれをマスターすれば中国語を発音するのが楽しくなるかも?
花紅柳緑
『花紅柳緑』中国語基礎発音
陳 洲挙・ 佐々木 静子 著
駿河台出版社/
テキストのみ1,748円(税別)
セット(テキスト+テープ2本)本体3,689円(税別)
 
先生!中国語文法のここがわかりません!
『先生! 中国語文法の
ここがわかりません』
佐々木静子 著
アスク出版/1,890円(税別)
 
学院概要 | Site Map | Privacy Policy | お問い合せ | ©2010 Shinbashi Chugokugo Gakuin 禁無断転載・コピー